ドライブレコーダーは、安心ドライブの定番アイテム!

取り付けておくと安心して運転する事ができます。

でも、前方だけでなく、後方も録画しておくと更に安心です。

ここでは、後方へのドライブレコーダーの取付、撮影などをご紹介いたします。

 

 

後方録画のポイント

 

① 120度の高視野角でしっかり記録!

② 取り付けはフロントと同じ吸盤固定!
カメラが見えるから駐車時の防犯にも!

後方撮影にオススメのドライブレコーダー

後方にも必要なのか~
2台設置するのは費用が・・・という方にオススメのドライブレコーダーはこちら

視野角120度のフルHDで昼夜問わず
高解像度で鮮明に記録!
コスパにお墨付きのドライブレコーダーです。

4,999円

ドライブレコーダー自体まだ付けていないという方にはこちらお得な2台セット

9,498円

後部への取り付け方

パターン1 リアウィンドウに取付けて後方を録画!

車種により取り付け方はさまざまですが、
どなたでも簡単に取り付けられるのはリアウィンドウへの固定です。
取り付け方はフロントと同じく、付属の吸盤でくっつけるだけです。

車種によりますが、後部の車内灯への取り付けも簡単です。
配線はシートまで垂らして、シートの間から、
フロアマットの下を通しておけば邪魔になりません。

配線をきれいに隠したい場合は、内張りなどに入れるか、ケーブルクリップなどで留めてください。

※ご注意
ワンボックスやハッチバックの車は後方を開けた際にケーブルが突っ張らないよう調節してください。

 

ちょっと苦労するのは電源の確保。

でも、上海問屋の後部座席でも充電ができるシガーUSB充電器なら簡単!

2,499円

これで後方の録画準備も完了!
いつでも安心して運転することができます。

但し・・・
現在当店に取扱いが無い商品で、別途ご用意いただかなければならないものがあります。

1つは、シガーの分岐。
前に取付けたドライブレコーダーの電源でシガーソケットを使うから、
後ろ用に、もう一つソケットが必要になるので、シガーの分岐が必要になります。

もう一つは、USB to miniUSBケーブル(2~3m ※車種により異なります)
後部座席まで届くUSBシガー充電器までのケーブルです。
ご紹介するドライブレコーダーの電源ポートはminiUSBなので、 お車の長さに応じた「USB to miniUSBケーブル」が必要になります。

 

 

パターン2 フロントへ取付けて左右と後方を録画!

フロントに2台取り付けることになりますが、
メリットは横からの衝突や、幅寄せなどの嫌がらせも記録できること!

この場合、2台目の電源の確保に必要なものは、シガーの分岐のみです。
フロントへの取り付けなら付属の電源用シガーケーブルが届くので、シガーの分岐があれば電源はOKです。

※ご注意
・フロントに取付ける場合、車種により記録できる視界がことなります。
参考画像の様に見えない場合もあるので、ご注意ください。

・フロントガラスに2台取り付けますので、1台はルームミラーの裏に取付ければ視界に支障はありませんが、2台目は後方を撮影するためルームミラーに隠せません。視界の邪魔になるようでしたらフロントガラスへの取り付けはお控えください。