この商品の配送方法

USB GuardKey(ガードキー)
商品コード:435014-913538

販売価格 1,999円(税込)

ドスパラ会員に登録で、
ドスパラポイントが貯まる&使える
詳しくはこちら

送料別
係数 8
 ご購入数量 
必要な個数を入力してカートに入れてください
:即日配送可能 :取り寄せ :売切
お気に入り商品
この商品のレビューをみる


 

USB GuardKey(ガードキー)

PC内の極秘ファイルを暗号化!
離席中はファイルを隠して漏洩防止!

DN-13538

 

 

『USB GuardKey』は、
◎PCに保存しているファイルを暗号化
◎暗号化したファイルを非表示にする

という、2重の情報セキュリティ機能を備えたツール。
USBメモリ(約7.5GB)の機能も備えています。『USB GuardKey』をPCに挿すと、暗号化用の「セーフボックス」フォルダを作成可能。作成後はセーフボックスに入れたファイルを、自動的に暗号化+非表示の状態にしてくれます。

 

暗号化されたファイルは基本的に、『USB GuardKey』を挿していないと閲覧できません。そのため、自分以外の誰かにファイルを見られたり、改竄されるなどのリスクを解消できます。

また、『USB GuardKey』にはパスワードを設定できるので、他の誰かに使われたとしても、パスワードが知られていなければ暗号化されたファイルは安全です。

 

ただそうなると、『USB GuardKey』そのものを忘れたり、紛失したときにファイルが見れなくなる不安がありますが・・・。その点も心配ご無用!
スマホに専用アプリを入れておけば、アプリに表示されるパスワードでファイルを閲覧可能です。専用アプリのパスワードはワンタイム形式なので、本体の紛失・盗難、パスワード忘れといったリスクも抑えてくれます。

オフィスでの情報漏洩対策はもちろん、見られたら困るプライベートな画像や動画、文書などの保護にも『USB GuradKey』は最適。厳重な金庫とその鍵のように、大事なファイルを守ってくれます。

 

【『USB GuardKey』のインストールと使い方】

【1】:
PCのUSBスロットに『USB GuardKey』本体を挿し、[自動再生]から[Setup.exeの実行]を選んで実行、言語を選び(日本語は未対応)、任意の場所へアプリケーション(GuardKey_【バージョン】_Setup.exe)を保存してください。

GuardKey_【バージョン】_Setup.exeを起動、言語を選びインストールします。インストール完了後、再起動を促されるのでPCを再起動します。

※自動再生されない場合は、デスクトップなどの[マイ コンピューター]または [PC]から[GuardKey5 Install CD]を起動してください。

【2】:
PCを再起動して、『USB GuardKey』本体を差し込むとパスワード設定ウィンドウが表示されます。ここで設定したいパスワードを入力してください。

【3】:
パスワード設定後、画像の「Start use」をクリックするとセーフボックス作成ウィンドウが開きます。

【4】:
ウィンドウの左下にある「+」をクリックすると、セーフボックスを作成できます。

【5】:
セーフボックスは、ローカル(PC等)とクラウドサーバーに作成可能です。どちらかを選んでください。

【6】:
PCを選んだ場合、PC本体のハードディスクドライブと、USB GuardKEY本体内のどちらかにセーフボックスを作れます。どちらかを選んで、右下の「Create」ボタンをクリックしてください。

【7】:
セーフボックスが作成され、ファイルの出し入れが可能になります。

 

【『USB GuardKey』専用アプリの使い方】

【1】:
『USB GuardKey』専用アプリ(無料)にはAndroid、iOS、Windows Phone用があります。まずはアプリを入手して、手順【2】以下で同期してください。

【2】:
『USB GuardKey』の管理ウィンドウで、上部にあるモバイルのマークをクリックしてください。同期するスマホの登録ウィンドウが開くので、次に「+」マークをクリックします。

【3】:
Andoroid、iPhone、Windows Phoneの中から、お使いのスマホを選んでください。

【4】:
右下の「NEXT」を2回クリックして、Binding codeの入力まで進めます。モバイルで専用アプリを開くと、Binding code(6ケタの数字)を確認できるので、こちらに入力して再度「NEXT」を押してください。

【5】:
QRコードが表示されますので、スマホの専用アプリで「Start Binding」ボタンをタップして、QRコードを読み取ってください。

【6】:
QRコードの読み取りに成功すると、モバイルが登録されます。以降モバイルの専用アプリで、『USB GuardKey』がなくても暗号化したファイルを閲覧できるパスワードを確認できます。

 

【『USB GuardKey』の基本操作】

『USB GuardKey』を立ち上げると、下の管理ウィンドウが開きます。セーフボックスの開閉は管理ウィンドウの「Open(1)」「Close(2)」ボタンで実行。その上にある「Open automatically(3)」をONにしておくと、立ち上げ時に自動でセーフボックスが開きます。『USB GuardKey』を閉じるときには、右上の「▲(4)」をクリックしてください。

※『USB GuardKey』を紛失したときなど、USBを使わずに暗号化ファイルを管理したい場合は、インジケーターの中にあるGuardKeyのアイコンをクリックしてください。表示されるウィンドウで、専用アプリに表示されているBinding codeを入力すれば、管理ウィンドウが開きます。

 

【製品仕様】

対応OSPC:Windows 10/8.1/8/7 ※32bit/64bit両対応
スマートフォン:iOS 6.0以上、Android 2.3以上、Windows Phone 8
サイズ4×1.1×0.4 (cm)
重量6g
USBメモリ容量約7.5GB
インターフェースUSB2.0
暗号化方式AES 256bit
製品保証お買い上げ後 1か月間

 

※ 本製品を使用して起こりえる損害・損失等において、弊社および関連企業は一切の保証・責任を負う事はできません。ご了承ください。
※ 『USB GuardKey』本体のメモリ容量(ユーザー領域)は、システム領域やソフトウェアが保存されているため表示される容量より小さくなる場合があります。

 

関連ワード : USBメモリ セキュリティー USBメモリ セキュリティ 暗号化 USBメモリ ファイル暗号化 情報セキュリティ 上海問屋

 

 

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

こちらもオススメ

 

ページトップへ

ページトップへ